Top > エリア > ローンの相談

ローンの相談

破産手続きの際持っているローンに対して保証する人がいる場合には、早い段階で相談しておいたほうがいいでしょう。

改めてお勧めしますが、債務に保証人が存在するときは、破産前に前もって考えておかなければなりません。

破産してOKが出ると、その人たちがみなさんの債務をまとめて背負う必要があるからです。

 

ですので、破産申告前に至った内容や現状を説明してお詫びをしなければいけないでしょう。

これらはあなたの保証人からすると当然のことです。

 

破産申告することから、とたんに膨大な債務がふりかかることになるのです。

 

そして、それ以降のその保証人の考慮する道は以下の4つになります。

 

まず、保証人が「みな支払う」というものです。

 

あなたの保証人が多くのいともなく返すことができるといったようなお金を用意しているならばそうすることができます。

 

ただその場合は、あなたが破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えを依頼して自身は保証人に返済をしていくという手順も取れるのではないかと思います。

また保証人が債務者と信頼関係にある場合はいくらかは期日を繰り延べてもらうことも問題ないかもしれません。

たとえ合わせて返すことが不可能な場合でも、業者も分割での返金に応じるかもしれません。

保証人に破産申告を行われてしまうと、お金が全然返済されないリスクがあるからです。

保証人がもし債務者の返済額を代わりに背負う経済力がなければ債務者と同様に何らかの方法による債務整理を選ばなければなりません。

 

続く選択肢は「任意整理をする」処理です。

 

この手順では債権者と落としどころをつける方法でおおよそ5年弱の期間で完済していく感じになります。

実際に弁護士に依頼するときの経費の相場は1社につき4万円。

7社からの借金があるなら28万円ほど必要です。

また相手方との示談は自分ですることも可能ですが、この面での経験も知識もない方の場合相手が確実に有利な条件を押してくるので慎重である必要があります。

 

また、任意整理を行うということは保証人となる人に債務を負ってもらうことを意味するのですからあなたはちょっとずつでも保証人に支払っていく義務があるでしょう。

 

3つめですが保証人である人も借金した人とともに「破産を申し立てる」という方法です。

 

返済できなくなった人と同じく破産を申し立てれば、その保証人の返済義務もなくなります。

 

しかし、保証人である人が戸建て住宅などを持っている場合は該当する資産を没収されてしまいますし司法書士等の職についている場合は影響は避けられません。

個人再生という制度を活用するといいでしょう。

 

一番最後に4つめですが、「個人再生という制度を利用する」ことができます。

住宅等の不動産を処分せず借金の整理を行う場合や、破産申し立てでは資格制限にかかる職務についている場合にふさわしいのが個人再生による処理です。

個人再生なら、自宅は残りますし、破産手続きの場合のような資格に影響する制限が一切かかりません。

 

エリア

関連エントリー
夏なので日焼けに負けないに美白美容液を使うようにしていますローンの相談