「軍隊式性欲管理」あらすじと感想(無料エロ漫画)

 

「軍隊式性欲管理」

 

我慢すればするほど・・・

 

 

▼無料試し読みキャンペーン中▼

 

 

>>無料試し読みはこちら<<

 

 

性欲管理部美貌の大尉、ダリア・ミラー。

 

彼女の業務は兵士の溜まった性欲を発散させることだ。

 

任務中、性の乱れや病気の蔓延を危惧して創設された特設部隊『性欲管理部』。

 

そこに所属する大尉、ダリア・ミラーはスタイルも良く隊員からの人気も高かった。

 

兵士たちは溜まった性欲をダリアにぶつけ、ダリアも彼らの性癖に応じて任務を果たしていく。

 

だが、深い刺激が得られないダリア自身が日々フラストレーションを溜めていきある日それを爆発させてしまう。

 

本来性欲処理することすら許されない彼女の補佐官を誘惑して…。

 

 

 

【軍隊式性欲管理】〜登場人物紹介〜

 

 

ダリア・ミラー

 

軍隊の「性欲管理部」所属の大尉。

 

美人でグラマラスな体型(巨乳)

 

責任感が強く仕事は真面目にこなす。

 

全隊員の性癖を把握して兵士を喜ばせる。

 

 

補佐官

 

大尉ダリアの初男性補佐官。

 

業務でダリアのアシストをしている。

 

補佐官の性欲処理は規則で許されていない。

 

目の前でダリアと兵士の性欲処理を見続けて・・・

 

 

曹長

 

ドSな性癖をもつ。

 

言葉責め、乳首攻め、クリ攻めでダリアをいたぶる。

 

 

新米二等兵

 

新人の二等兵士。

 

キス経験もない童貞。

 

ダリアに攻められて性に目覚める。

 

 

軍曹

 

ドMで乳首とア〇ルのメスイキが好き。

 

ディルドも入れられて・・・

 

 

上層部

 

任務地に時折現れる上層部の幹部たち。

 

ダリア一人で複数幹部たちの性欲処理を行う。

 

 

 

▼無料試し読みは画像をクリック▼

 

 

 

 

「軍隊式性欲管理」〜感想〜

 

表紙のエロさにこらえきれず、「軍隊式性欲管理」を全巻一気読みしちゃいました!

 

他にもエロ漫画は好きなのでよく読むほうですが・・・

 

この漫画・・・

 

超絶にエロイです!!

 

軍隊という厳しい中で、男の性欲処理はどうなっているのか。

 

一度は想像したことあると思います。

 

一人で隠れてオ〇ニーするのかな?

 

女性がいない環境でホモに目覚めるのかな?

 

性欲処理部隊が存在してあんなことやこんなことが繰り広げられているのか?

 

想像が掻き立てられるなかで、男の欲望をまさに漫画として描いてくれた作品!

 

マジかよ!軍隊!

 

本当に性欲処理部隊があるんじゃないかと思うくらい錯覚しながら吸い込まれていきましたw

 

ダリア大尉のエロイ表情と男をあの手この手で満足させるテクニックは圧巻です。

 

性欲処理部隊なるものがあるなら、俺は間違いなく軍隊に入っていたはず(笑)

 

軍服で悶える女性大尉の姿はエロすぎ。

 

何人も兵士を相手するから、それぞれの性癖でダリアちゃんを楽しめるのも高ポイント!

 

俺はSでもMでもあるから、どちらのパターンでも抜いてしまったw

 

エロだけか?と思っていたけど、しっかりストーリーが作り込まれているから飽きないし面白い。

 

「軍隊式性欲管理」の絵とストーリーに引き込まれて最後まで目が離せない。

 

補佐官の繊細な感情を自分に置き換えてみたり、感情移入しまくりで最高に抜ける漫画だった。

 

作者のヨールキ・パールキさんはエロ漫画天才なんじゃないかな|д゚)

 

男の願望を叶えさせてくれるエロ漫画として120点満点でした★

 

7巻で終わってしまうけど、ヨールキ・パールキさん続編を楽しみにしていますよ!

 

 

 

絵を見て「おっ!」と思った人は絶対満足できる作品だから読むべし!

 

 

 

▼無料試し読みキャンペーン中▼

 

 

>>無料試し読みはこちら<<

 

 

 

あらすじ〜ネタバレ〜

 

軍隊の「性欲処理」として任務をまかせられるダリア・ミラー大尉。

 

 

ミッションごとに任務は変わる。

 

 

今回彼女の任務は兵士の性欲管理。

 

 

兵士の性の乱れ、病気の蔓延を危惧して創設された特設部隊である。

 

 

新人兵士から曹長、ときには上層部の相手をする。

 

 

美人で巨乳、優しい性格で淫乱、そんな彼女の軍隊式性欲管理は人気だ。

 

 

ただし、軍のルール(規定)でダリアに挿入することは許されない。

 

 

あくまで、手と口だけの処理。

 

 

大勢の兵士に乳首やク〇トリスをいじられても、挿入できないフラストレーションがたまる。

 

 

日に日に、ダリアの性欲は募っていく。

 

 

そこでダリアが目をつけたのは自分の補佐官だ。

 

 

補佐官は規定で性欲処理が認められていない。

 

 

性欲処理は自分でしか行えないのだ。

 

 

毎日、ダリア大尉の性欲処理業務を目の前でみている補佐官。

 

 

任務終了後はシャワー室でダリアの姿を思い浮かべオ〇ニーする日々。

 

 

とある日、上層部に媚薬を盛られたダリアは、上層部の人間たちと朝まで乱交することに。

 

 

ヘトヘトになったダリアを抱え、シャワー室で介抱する補佐官に、

 

 

「指でして」とダリアがおねだりする。

 

 

まだ媚薬が効いている身体は膣内の喜びで満たされていない。

 

 

補佐官は理性よ欲望の間で葛藤する。

 

 

軍のルールでは、

 

・補佐官の性欲処理は認めていない
・膣内、ア〇ルの挿入はNG

 

 

一線を越えてはいけないのが軍隊式性欲管理。

 

 

それでもダリアのおねだりを補佐官は・・・・!

 

 

 

▼無料試し読みキャンペーン中▼

 

 

>>無料試し読みはこちら<<

 

 

「軍隊式性欲管理」〜7話完結〜

 

 

1話 性欲管理部大尉 ダリア・ミラー

 

性欲管理部で大尉を務めるダリア・ミラー。

 

業務内容は、軍の兵士の「精子処理」だ。

 

豊満なおっぱいが特徴的で美人でエリートの彼女。

 

任務も優秀で兵士の性癖を熟知している。

 

しかし、ダリアへの膣内・ア〇ルの挿入は禁止されている。

 

どんどん性欲はたまっていくダリアに補佐官は・・・

 

 

2話 性癖に応じて搾り取る大尉のテクニック

 

ドSな曹長に荒めの言葉で攻められる。

 

乳首やク〇トリスをいじられ感じまくるダリア。

 

補佐官の目の前で激しい処理(プレイ)が繰り広げられる。

 

我慢をする補佐官だが・・・

 

 

3話 気持ちよさそうなおち○ぽを見て大尉も…

 

新米二等兵士の相手(性欲処理)任務につくダリア。

 

新米兵士はキス経験なしの童貞くん。

 

はじめてのキスやフェ〇チオに緊張と恥ずかしさが入り交じる。

 

リードするダリアのテクニックに止まらなくなる新米兵士は何度も・・!

 

次なる任務のお相手は軍曹。

 

しかし彼には誰にも言えない恥ずかしい性癖が・・・

 

 

4話 上官に薬を盛られた大尉は数人がかりで…

 

ダリアは上層部の人間との食事会に参加することに。

 

この食事中に媚薬を盛られる。

 

上官数人たちの相手を一人でこなすダリア。

 

媚薬の効き目で感じまくる。

 

上官たちも最後の一滴まで絞りだそうとダリアを離さない。

 

射精業務は朝まで続く。

 

自分で立つこともできないくらいダリアは果てていたが

 

その姿を補佐官は見て・・・

 

 

5話 補佐官くんにお願いがあるの…

 

ダリアをシャワー室に移動させる補佐官。

 

上官たちの暴走を止められずにダリアに謝罪する。

 

しかし媚薬がまだ残っているきダリアは補佐官に、

 

「指でして」

 

とお願いする。

 

高鳴る緊張と同時に補佐官の性欲処理は規則違反だ。

 

規則違反と欲望との葛藤でついに・・・・

 

 

6話 私が責任取るから…いっぱいして

 

ダリアのお願い(命令)には逆らえない。

 

最後の一線は超えないというルールだけは守りお願いを受け入れる。

 

誰にもバレてはいけない状況に緊張といやらしさが増す。

 

なぜ軍隊式性欲管理の補佐官になった理由を明かす。

 

理由を知ったダリアはさらに・・・

 

 

7話 溜まった欲望を全部大尉の膣内へ…

 

今まで我慢していた刹那を爆発させるダリアと補佐官。

 

何度も何度も求めあう二人。

 

ずっと欲していたおち〇ちんを挿入され喜ぶダリア。

 

膣内だけでは物足りずア〇ルまで。

 

力尽きるまでそれは何度も何度も。

 

しかし、ダリアに任務地の移動が命令され・・・

 

 

 

▼無料試し読みキャンペーン中▼

 

 

>>無料試し読みはこちら<<

page top